スタッフブログ

世の中の雑誌は参考にならない。最後に試乗車情報

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 森田 圭介 / モリタ ケイスケ   [セールススタッフ]
[2020/01/10]
皆さんこんにちは、森田です。

なんだこのタイトル

またお前は誰かに噛み付くんか。

いえいえ、もう大人なんで紳士的な対応を心がけてます。

で、このタイトルですが

世の中のカー雑誌、バイク雑誌で

”身長〇〇センチが乗ると”みたいなのがありますけど

身長185センチの僕は全く参考にならない!!

全部160センチとか170センチじゃん!!

まあ、日本人の平均身長で撮影してるだろうからどうしようもないですけど(笑)

とにかくこの世の中、身長高い人には不便な事でいっぱい。

なので今回は身長高い人が、フィアットアバルトに乗ってみるとどうなるか

参考までに・・・・・




と思ってたんですけど写真だと予想以上に伝わらないです(笑

お付き合い下さい。

まずフィアット500

頭当たってるように見えますが、当たってないです。

普通に座れます。

脚は全部伸ばせませんが、快適はドライビングポジションは取れます。


後部座席は皆さん想像の通りです。

運転席を自分のドライビングポジションに合わせて、後ろ座ると・・・・・。


今日はいい天気ダナー

アバルト

フィアットもアバルトも基本的に室内空間の広さはあまり差がないです。

ただマニュアルの595ベース、コンペに関しては座席一番後ろにすると

クラッチ奥まで踏むのがしんどいので8割くらい下げて乗ってます。

画像はツーリズモですが一番後ろの席に合わせてこの感じです。

十分に座れます。



次500X

余裕ですね。画像では狭そうですが普通に余裕で座れます。




後部座席

うんまあ、僕のドライビングポジションだと狭いですよね。

助手席座れば解決しますが。

500X自体小型SUVなのでこれはしょうがないでしょう。

大型のSUV探してる方はこのサイトみてないでしょうし。
最後124


いや、幌に頭当たって”モコっ”ってなってないから

普通に座れるから。

むしろ丁度いいくらい。

ただ185センチ越えると、少し厳しいかも。



まとめますと

『高身長でもイタリア車は乗れる』

です。

座ってみると室内空間は今時の軽四よりも狭いですが

しっかりとしたゆとりのあるドライビングポジションはとれます。

逆に室内空間重視の軽四だと室内空間広いけど、ドライビングポジションとれない。なんて事もしばしば。シート全然下がらんやん的な。

イタリア人の平均男性身長が176センチあるので(日本は170)

大柄な人でも座れるように作ってあるんでしょう。




なんとなく乗れるってことはわかっていただけたでしょうか。

色んな身長の方でも乗れます。

ショールームに実車ございます、また乗る事もできます。

フィアット500、アバルト595ツーリズモ、500Xあります。

是非、今週末とりあえずどんなもんかな?程度にご来店下さい!!


※124は森田のなので乗る事はできません。
2020年01月(9件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

世の中の雑誌は参考にならない。最後に試乗車情報

カテゴリー ショールームダイアリー
スタッフ 森田 圭介 / モリタ ケイスケ   [セールススタッフ]
[2020/01/10]
セールススタッフ 森田 圭介
皆さんこんにちは、森田です。

なんだこのタイトル

またお前は誰かに噛み付くんか。

いえいえ、もう大人なんで紳士的な対応を心がけてます。

で、このタイトルですが

世の中のカー雑誌、バイク雑誌で

”身長〇〇センチが乗ると”みたいなのがありますけど

身長185センチの僕は全く参考にならない!!

全部160センチとか170センチじゃん!!

まあ、日本人の平均身長で撮影してるだろうからどうしようもないですけど(笑)

とにかくこの世の中、身長高い人には不便な事でいっぱい。

なので今回は身長高い人が、フィアットアバルトに乗ってみるとどうなるか

参考までに・・・・・




と思ってたんですけど写真だと予想以上に伝わらないです(笑

お付き合い下さい。

まずフィアット500

頭当たってるように見えますが、当たってないです。

普通に座れます。

脚は全部伸ばせませんが、快適はドライビングポジションは取れます。


後部座席は皆さん想像の通りです。

運転席を自分のドライビングポジションに合わせて、後ろ座ると・・・・・。


今日はいい天気ダナー

アバルト

フィアットもアバルトも基本的に室内空間の広さはあまり差がないです。

ただマニュアルの595ベース、コンペに関しては座席一番後ろにすると

クラッチ奥まで踏むのがしんどいので8割くらい下げて乗ってます。

画像はツーリズモですが一番後ろの席に合わせてこの感じです。

十分に座れます。



次500X

余裕ですね。画像では狭そうですが普通に余裕で座れます。




後部座席

うんまあ、僕のドライビングポジションだと狭いですよね。

助手席座れば解決しますが。

500X自体小型SUVなのでこれはしょうがないでしょう。

大型のSUV探してる方はこのサイトみてないでしょうし。
最後124


いや、幌に頭当たって”モコっ”ってなってないから

普通に座れるから。

むしろ丁度いいくらい。

ただ185センチ越えると、少し厳しいかも。



まとめますと

『高身長でもイタリア車は乗れる』

です。

座ってみると室内空間は今時の軽四よりも狭いですが

しっかりとしたゆとりのあるドライビングポジションはとれます。

逆に室内空間重視の軽四だと室内空間広いけど、ドライビングポジションとれない。なんて事もしばしば。シート全然下がらんやん的な。

イタリア人の平均男性身長が176センチあるので(日本は170)

大柄な人でも座れるように作ってあるんでしょう。




なんとなく乗れるってことはわかっていただけたでしょうか。

色んな身長の方でも乗れます。

ショールームに実車ございます、また乗る事もできます。

フィアット500、アバルト595ツーリズモ、500Xあります。

是非、今週末とりあえずどんなもんかな?程度にご来店下さい!!


※124は森田のなので乗る事はできません。
月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る