営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

リクルート

スタッフブログ

   
2019/01/21  ショールームダイアリー 
かぶらずし。
 
先日、東京からのお客様に「かぶらずし」の話をした所「スタッフゥー、スタ・・・」のくだりはもう良いですか(笑)

「何なに?お寿司のネタがかぶらなの?」

って真顔で。ヤだね。洋モノ取り扱ってるからってスカしちゃって。

さて、話はお魚を調達する所から始ります。今回はこちら「金沢港イキイキ市場」にて。理由は至って単純。お客様がお勤めになられているので好きな事が言えるから。
「ブリの柵をかぶらずし何枚分!」とか「車も安くしたし、お魚も安くして!」とか(笑)

市場にはこの季節ならではの加能ガニが並びます!想像に難くないと思いますが、良く「かのう蟹って言うぐらいだから、加納くんとなんか関係あるの?」とイジられますが

もちろん親戚だよ!!

こちらの立派なカサゴも煮付けや、唐揚げにしても美味し・・・いや、イタリア車を取り扱っているので、アクアパッツァが美味しそう。と言う事にしておきましょう。

※石川県内の漁協が平成18年に一つの漁協へと統一されたのを契機に、県産ズワイガニの名称を一般公募し「加能ガニ」と名付けられました。加能の由来は「加」賀から「能」登までの意で、9cm以上の雄のズワイガニで漁協の名称が記載された"青いタグ"が目印となります。
みなさんもお買い物に訪れる事があれば、店内にいくつかあるお魚屋さんの中でも、是非写真のお店で1番の美人さん捕まえて「加納くんから聞いたんだけど」と一言おっしゃって見て下さい。
「かのちゃんにダマされてナビの付けられない、左ハンドルの乗りにくいクルマ買わされたー!」
※FIAT/ABARTH車ではありません。

と、すかさず帰ってくるハズなので僕の名前は伏せた方が賢明でしょう(笑)
今回は「鰤」と「鯖」を購入。鰤はかぶらずしに。鯖は大根ずしに。この組み合わせに何か理由でもあるのかどうなのか分かりませんが、とにかくそー言う事らしいです。ちなみに大根ずしは鰊(ニシン)で作る事も多いですね。

共に重石をして1週間塩漬けにした上で、鯖は骨を毛抜きで取り除きます。よ〜く指で撫でて、一本たりとも残らないようにしましょう。鰤の方はお刺身にも使える柵を使用する為、塩漬けにする以外は特になにもありません。
さて、ブログの着地は車の話や来店促進に結びつけるよーに!と、かぶらずしも分からない人から口酸っぱく言われておりますが、ここからはちょっと難しいのでアッサリ諦めることとします(逃)

次回に続く。
 
   
2019/01/20  ショールームダイアリー 
さすが軽トラ
 
「やるね!」

そう思った次の瞬間、見事にハマってました(笑)

何の事かと言いますと、目の前で除雪車が退かした道路脇の雪溜まりを突破しようと、一台の軽トラが突っ込んで行った顚末です。押しますか?の問いにオッチャンは
「な〜ん、大丈夫」と荷台からスコップを取り出し慣れた手つきでタイヤの前後を掘った後に、一発で脱出して行きました・・・

まー、荷台は軽いしタイヤの径も小さい上にパワーも無いから仕方無いよね〜(上から目線)

フッ・・・

〜さて、ここからは妄想の時間です〜

今日、僕が乗ってきてる『500X Cross Plus』コイツならこれぐらいラクショーに決まってる・・・ここは一つ、インスタ映えならぬODS(オフィシャル・ディーラー・サイト)ブログ映えするネタでも作っておくか。イッヒッヒ(笑)

しかし、いきなりザバーっと飛び込むのも何だしゆるりゆるりと牛歩の歩みで…ここで一枚。パシャ。さて、何事もなく・・・


!!
脱出できナイっ!!
スコップもない!!

と、言う事で自(車)力での脱出を試みる事に。いつ、誰から教わったかも覚えてませんが「D」と「R」を交互に車体を前後に揺すりながら脱出を試みるも、それがほぼ通用しない。通用しないと言うのも、窓を開けてタイヤの動きを見てると、どうやら前進と後退が素早く切り替わっていない模様。加えて、システム保護の為か?はたまた空転防止か?アクセルオンと同時に大きなトルクは流れにくくなっている様子。ふーん・・・そうですか。ならばと、ドライブモードセレクターを通常の「オート」から「スポーツ」「トラクション」に切り替えてみるも、やっぱりほぼ同じ制御が入ってるっぽい。アレもダメ、これもダメ・・・10分ほど考えた後に、ロードサービス!の前に左足でブレーキを踏みながら、右足でアクセルを踏み停止状態でエンジンの回転が上がった所で、ブレーキ(左足)をリリースする方法。とは言っても、これも制御が入り思ったほどは回転が上がらず。それでも、ドンっと小さめなショックを伴った後に、
自力で脱出!!

〜と、ここまでが完全に妄想です〜
もし『500X Cross Plus』にお乗りの方で、不運にも雪道でスタックしてしまったら、是非お試し下さい。加えて、不毛なチャレンジは慎みましょう。
 
   
2019/01/19  ショールームダイアリー 
お願い。
 
「ここはお年賀なんでしょ?どの車?(笑)最近はちょいちょい日本語おかしいけど仕方ないのかねぇ〜」

と、ブログアップしたその日にお客様から生コメント頂きました。ちゃんと中身まで読んで頂いてありまとうございます!

もしFacebookから入って頂いてる方でタイトルだけ見て「つまんなそうだなー」或いは「また加納かよ」そう思っても、とりあえずリンクだけポチってもらえると助かります。読む、読まないはお任せしますので。皆様の温かいご支援が我々のヤル気に繋がります。
さて、先日ブログでお伝えしたNew デモカー。

『FIAT 500C TwinAIr Lounge 』

ですが、ブログ内に純正アクセサリーのホイールを履きたい。と書いた所

「履いちゃえ!」

と言う暖かい声を頂きました。
自分中の悪い方の自分から!

ですが(笑)

いかがでしょう?ボクの第一印象は
ブレーキ踏みたくないなぁ・・・こりゃ、相当(ブレーキダストの)掃除がめんど臭い。

です(苦笑)

ちょと随分前に販売された限定車「by GUCCI」っぽいかな?でも、まぁ、良いんじゃないでしょうか。カワイイし、優しいし、眩しいし春っぽい(?)し。だとしたらお洒落に苦労は付き物だし。
標準で16インチを履く500C TwinAir Loungeであればタイヤがそのまま使えるのもメリットですね。それ以外の場合、別途16インチのタイヤを購入する必要があります。

キットホイール16インチ
バイカラー(ホワイト/ダイアモンドカット)

172,800円(税込)
ホイール4本セット。センターキャップ、組み替え工賃は含まれません。タイヤチェーン使用不可。
 
   
2019/01/18  ショールームダイアリー 
お年玉
 
近所の某国産ディーラーの前を通ったら、全ての展示車のフロントガラス全面に
「お年玉価格」
のポップが・・・
えーっと、「お年玉」って目上の者から目下の者へ贈るものでは無いかと思うのですが・・・じゃあ、逆に目下の者から目上の者へは?って言うと「お年賀」かな。まー「特別価格で売ってやってもいいよ」ぐらいの上からな感じなら「お年玉」でもいいのか(笑)
ちなみに当店では展示車のフロントガラスにデカデカと「お年玉価格」などと言うダサい張り紙を貼ったりはしませんが「お年賀価格」のお車、あります!!

ABARTH595ベースの乗り出し価格でCompetizioneに手が届くとか、500Sの乗り出しにチョイ足しで595ベースが射程距離に入るとか・・・はたまた、500 1,2の乗り出しでTwin Airに乗れるとか・・・例えるならキリがありませんので詳細は店頭で!
 
   
2019/01/13  ショールームダイアリー 
みなさん
 
年末に大掃除はされましたか?

大掃除じゃなくても、ちょっとした探し物をした際に普段あまり開けないような引き出しから、昔良く聴いてたCDが出てきたりする事は良くあるハズ。

え?出てこない?

出てこないと話が進まないので、出て来る事にして下さい。そんな時にちょっと懐かしいやら、嬉しい気分になって

明日はこのCD持って車に乗ろう。

なんて事ありませんか?ありますよね。あるんです(笑)
現在正規輸入されているFIAT車で唯一CDプレイヤーを装着車する『Panda』そんなちょっとしたアナログ感が微笑ましい。

Car Play/Android Autoが使用できるU-Connectシステムが利便性において優れている事に異論はありませんが、まさかレインボーに輝く"コンパクトディスク"に情緒を感じる日がやって来るとは思ってもいませんでした。
アナログ感といえば、外装もまた然り。

ボディ全体を占める無塗装パーツの割合で言ったら、他メーカー見渡してもおそらくライバルは一車種のみ。いっその事Pandaにも無塗装バンパーのバージョンも用意すれば、こちらの方がサイドモールが太い分圧勝となるハズ。と、そんな事で張り合ってもシャーないのですが(笑)
もう一言だけ言わせてもらえるなら、これでもう一回りかふた回り大きい『ジャイアントパンダ』的なバージョンもあれば、そのライバルの牙城を・・・なんて物騒な話は、ここではいただけませんね(笑)
そう言えば、ごく最近導入されております車両からサイドブレーキレバーの形状が従来の「マウス型」から一般的なバータイプへと改められております。

「力まずに操作できるマウス型」

じゃなかったのか?これからは力んで行こうぜ!と言う事なのか?それとも、やっぱりマウス型でも力まずにはいられませんでした!なのか?(笑)どっちでもいいけど、最近ではここにインフォテインメント系の操作コマンドが備わる車も多い為、初めて乗っても迷わずサイドブレーキだと認識出来るようになった事は喜ばしいことでは無いかと思います。とは言っても普通に戻っただけの話なんですが(笑)
 
2019年01月(14件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る