営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

リクルート

スタッフブログ

   
2016/04/22  ショールームダイアリー 
センターキャップ
 
ハイ!

先日80Jまで塗装可能なブースでペイントした僕の595Cのホイール。
カラーはイメージ通り。なのは前回お伝えしましたが、このカラーにクロームのセンターキャップはちょっとね…と、言う事でホイール本体よりも濃いめのガンメタで塗装したのですが、装着してみるとその差異がはっきり分からず…何かヤケクソになって全部塗りたくったみたいに見えまして…もしくは、いかにも何か手を加えたなって感が…理想はノーマルかどうか分からない程度。なので、やっぱり純正アクセサリーのセンターキャップ買うべきか?
いけねっ!車ネタやらないんだった!汗
 
   
2016/04/22  オーナーズボイス 
さて。
 
ABARTH 595Cを所有してどれぐらいの月日が経ちましたかね?オープンカーにとって恰好の季節が訪れた事も手伝って、相変わらずスウィートな日々を送っています♪と、表現すると気持ち悪いですか?(笑)

純粋な「走り」の気持ち良さではCompetizione180psに水をあけられるものの「屋根が開く」飛び道具を得た595Cも総合的な気持ち良さでは負けていない。と、思う。思いたい…
そんな「飛び道具」ですが、街中で、高速でとドライブを重ねるにつれてちょっとした弱点がある事に気がつきました。その弱点とは…考えてみれば当たり前の事ですが、屋根に大きな穴が空いてる分リア周りの剛性が低い。そんなのサーキットレベルのハナシじゃないの!?僕もそう思っていました。が、ちょっと大きな段差を超えたりすると、足がちゃんと動く前にボディが撓む感じ。そもそもABARTH車は足回りが固められてるので、よりその感覚が強いのもかもしれません。15インチのスタッドレス履いてた時は気にならなかった現象です。あと、フルブレーキに近いぐらいのブレーキングでリアが「!」ってなる(笑)「!」って言われても分かりませんよね。進行方向を数ミリも乱さず(イメージですよ)ガッチリ速度を落とすフロントに対して、リアが追従していない様子。これは、クローズドのABARTH車では感じた事の無い挙動です。
もちろんこれは単一車種でオープンとクローズドが乗り比べられるからこそ気がつく差異で、屋根付きでも「C」よりも剛性が劣る車なんて世の中にゴマンとあります。ただ、そうこう考えるとやっぱり「C」に180psは必要無いのかなーと思い出しまして。肩の力抜いてそこそこのペースで流す方がキャラに合ってますしね。たまのサーキットや、ローダウンを前提で検討されてる方は、やはり通常ルーフにしておいた方が無難ですね。僕は、つっぱり棒でも買って来ようかな?笑

※写真は現在売り出し中のデモカーです。
 
2016年04月(31件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る