営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

リクルート

スタッフブログ

   
2016/06/13  サービス 
メカニック!!
 

こんにちは!!!

 

メカニックの!!!!

 

大村です!!!!!

 

本日は皆様に新人のメカニックをご紹介致します!

この方、整備士としての経験は無いようで、今までは営業に携わる仕事をされていたようです。

 

新人に厳しい事で有名な僕が、きっちりと整備のイロハを叩き込もうと考えております。

 

 

ただ、この方はごく限られた時間しかメカニックとしての仕事をされないようなので、工場で皆様にお会いする機会はあまりないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
   
2016/06/13  ショールームダイアリー 
ABARTHトレーニング④
 
全開、いや前回500、Turismo、CompetizioneとABARTH車の中でどうか?ってハナシを延々としましたが、ここでは競合車と比較してどうかってハナシ。

おそらく皆さんが想像される通り、ABARTHが一番ダイレクト。良くも悪くもドライバーの僅かな操作にも明確に、直ぐさま車が反応します。対局なのがMINI。ステアリング中央付近の反応も甘いし、ブレーキの遊びも大きい。アクセルペダルもどこかゲーム的。どんな操作をしても車が反応するのはワンテンポ、いや1,5テンポぐらい遅れる感じ。で、ちょうどABARTHとMINIの中間あたりがルノーって感じですか。でも、ルノーは鈍く無いし、テンポも遅れない。ただ思いのほか洗練されてて、ちょっと味が薄いかも。
まー、そもそも今回試乗させて頂いた車全てが合理性で選ぶ商品では無いし、そんなモノサシを持ち出したら、もしかしたら輸入車はハナっから選択肢に入らないかもしれないワケで…と、するとやっぱりここに集まってる車は「趣味車」なんですよね。だったら好みで選べばいいだけ。ここで言うなら三車三用の個性があって良い訳です。ベストが一つとは限らないし、人それぞれのベストがあると言う言い方も出来る。以上が、比較試乗を通して学んだ事です。いや、ホントみんな上手く棲み分けしてると感心する。

ここからはオマケ。
これ見て、あ〜、やっぱり僕の車カッコいいナ…と思いまして。

これはもうですね。

これ、もらって帰っていいですか?って聞くの忘れた。と、思ったら会社にもありました(笑)


こちらは「ABARTH 695 Bipost 標準車」

乗れるのかと思ったら、乗せてもらえませんでした。
ケチ!

ドグミッションじゃないんだし、少しぐらい乗せてくれたらいいのに…プロドライバーの同乗でもいいので乗りたかった。だけど、FCAの偏執的車好きに聞いたらすんげ〜イイよって言ってた。だとしたら乗らない方が身の為か?


この人は当社のオマケ(爆)

冗談ですよ。ジョーダン。ネタですから。後輩イビリとか言わないで下さいね♪
 
2016年06月(27件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る