営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

リクルート

スタッフブログ

   
2016/06/24  ショールームダイアリー 
Nuova ABARTH with FSD
 
ここ最近ずっとFSDの事調べてたら、有能な後輩の礒辺がフェイスリフト後のABARTHにおけるサスペンションに設定について調べてくれました(笑)興味も無い事を一所懸命メモした事は賞賛に値しますが、見にくいのでスクリーンショット交え、分かりやすくご紹介♪

まず「ABARTH 595」現行モデルで言う所のABARTH 500ですね。
Frontの所に「telescopic with FSD valve」とあります。これ、後述するTurismo、Competizioneには「KONI」の冠が付いている物が存在するので、これこそ内製かどうかは分かりませんがFSD機構を持った「非」KONI製のショックアブソーバーと言う事ですね。リアは「telescopic」とだけ表記されているので、恐らく普通のショックアブソーバーの事を指していると思われます。
続いて「595 Turismo」

こちらはFrontが「telescopic with FSD valve」と、上記の595と同じながら、リアは「KONI FSD」となっております。また、「595」「595 Competizione」に採用されている「Lowered Sports Suspention」が「Turismo」のみ非採用となっている事から、スポーツサスペンションを標準装備する現行モデルと比較すると乗り心地の向上を狙った設定になっていると推測されます。また、モデル事の性格をより明確化する為の変更とも言えますかね。
そして「595 Competizione」

これはもう前後「KONI FSD」ですね。上記のどのモデルよりも高速域まで最適なダンピングを稼ぎたいと言う狙いでしょう。細かいですねー。実に細かい。しかし、こうやって見るとABARTHがどれほどドライビングにおける「感覚的な部分」を大切にしているかが大いに見て取れます。数字的な事に重きを置いた車とは一線を画すABARTH車の拘り。最近ではこんな車ちょっと無いですね。

※上記内容は全て本国のマイナーチェンジ後モデルの内容です。日本発売時は内容が異なる場合がありますし、事実とカタログが異なる可能性も多分にあります(笑)
 
2016年06月(27件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る