営業時間・定休日
営業時間

9:00~19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

076-274-4444

 
FAX

076-274-4114

 
住所

〒924-0865

白山市倉光10丁目141番地

リクルート

スタッフブログ

   
2018/01/18  ショールームダイアリー 
一撃で
 
500X Cross Plus
が欲しくなる動画(笑)
良い子のみなさんはマネしちゃいけません(笑)

さすが4×4!この(カワイイ)見た目にして、この走破性。その、ギャップにヤラれる(笑)
 
   
2018/01/18  ショールームダイアリー 
★バッテリー上がりを防ぐ方法★
 
車のバッテリー上がりは冬に多発!
原因と対応策をご紹介します(^^ゞ



★バッテリーは寒さに弱い

冬など気温の低いシーンでは、それらバッテリー内部の化学反応が鈍り、バッテリーの性能を発揮できなくなります。
これが寒い日にバッテリーが上がりやすい原因となります。
また、冬場の走行については日も短く電気を使用する時間も長いので
ライトの消し忘れなども増える傾向があり、その点もバッテリー上がり件数が増えやすい原因の一つとなります。
★ロードサービスJAFの出動件数が増えるのも冬が多い

ロードサービス「JAF」の出動件数といして、バッテリー上がりは12月が多いというデータが発表されています。その理由としても前述の通り、気温が下がりバッテリーの性能が低下するというものが多いようです。


バッテリー上がりを事前に防ぐ対策は?

1.放置しすぎは禁物

バッテリーは走ることで自ら充電しますが、すでに蓄えた電力をずっと保持しておくことはできません。自然放電により、蓄えた電力は少しずつ失われていきます。長い間走行せずに電力が失われた状態でエンジンをかけると、バッテリーが上がってしまいます。
週に一度程度、近所をドライブしたり、ガソリンスタンドに給油しに行ったり、車にも気分転換させてあげるつもりで動かしてあげましょう。


2.短いドライブだけは禁物

走行距離が短い運転を繰り返しても、バッテリーの充電が十分にされないままになってしまうので、電気が不足してしまいます。短いドライブが多い人は、ちょっと遠くのスーパーに買い物にいくなど、次回エンジンをかけるのに十分な電力を蓄えられるように気をかけてみましょう。

「車のバッテリー上がり」を防ぐには、バッテリーのメンテナンスをしておくことです!

半年・1年と点検の時期にお車の状態を確認することをおススメしております。
 
2018年01月(19件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る