スタッフブログ

フィアット、アバルトのオフィシャルディーラーサイトがリニューアルしました。
スタッフブログは新ブログで更新いたしますので、この機会にぜひご覧ください!
※旧ブログには最新の記事は更新されません。下記のバナーより新ブログをご確認ください。
   
2019/01/18  ショールームダイアリー 
お年玉
 
近所の某国産ディーラーの前を通ったら、全ての展示車のフロントガラス全面に
「お年玉価格」
のポップが・・・
えーっと、「お年玉」って目上の者から目下の者へ贈るものでは無いかと思うのですが・・・じゃあ、逆に目下の者から目上の者へは?って言うと「お年賀」かな。まー「特別価格で売ってやってもいいよ」ぐらいの上からな感じなら「お年玉」でもいいのか(笑)
ちなみに当店では展示車のフロントガラスにデカデカと「お年玉価格」などと言うダサい張り紙を貼ったりはしませんが「お年賀価格」のお車、あります!!

ABARTH595ベースの乗り出し価格でCompetizioneに手が届くとか、500Sの乗り出しにチョイ足しで595ベースが射程距離に入るとか・・・はたまた、500 1,2の乗り出しでTwin Airに乗れるとか・・・例えるならキリがありませんので詳細は店頭で!
 
   
2019/01/17  サービス 
ふらふらしてたら・・・・・
 

みなさんこんにちは、124スパイダーに乗っている森田です。

今回は久々にドライブしてきましたので、その様子を・・・・・

朝起きてどこ行こうと悩み、上か下か右か左か、適当にななめ右かな

と思いつき、あてもなく100キロ。

そろそろなんかあるかなとグーグルマップで調べていたら、海水浴場あるやん

荒れた日本海眺めて帰るか・・・と海付近走っているとまさかの大雪(笑)

 

 

荒れた日本海。うーん味があります。

まあそれよりか寒くて一瞬で車に戻っちゃいましたけど笑

向かう際中は曇りだったのでオープンで走ってました、そしたら信号待ちやすれ違う人から、

え??!!この寒い中オープン???お前アホなん??

みたいな視線が・・・・・笑

アホなのは否定しませんが、冬がオープンカーの季節といっても過言ではないんですね実は・・・・・・

屋根開けて窓を一番上まであげて、ヒートシーター暖房MAXにすれば、走る露天風呂の完成です笑

124スパイダーは風の巻き込みが少ないので走っていても全然寒くありません、逆に信号待ちで止まったりすると寒いです。

逆に夏こそオープンにして気持ちよく走るのでは??と思いますが、

夏なんて日差し暑いし風生ぬるいし最悪です・・・・・夏にオープンにしてる人の方がやばいと思います・・・・・笑

なんでこう定休日の日に限って天気悪いんですかね・・・困るなあ

早く冬終われ!!

 
   
2019/01/13  サービス 
距離更新
 

皆さんこんにちは。距離更新マン森田です。

またまた距離更新です。14000キロいきました。

これからもこの調子?で距離更新していきます~

 
   
2019/01/13  ショールームダイアリー 
みなさん
 
年末に大掃除はされましたか?

大掃除じゃなくても、ちょっとした探し物をした際に普段あまり開けないような引き出しから、昔良く聴いてたCDが出てきたりする事は良くあるハズ。

え?出てこない?

出てこないと話が進まないので、出て来る事にして下さい。そんな時にちょっと懐かしいやら、嬉しい気分になって

明日はこのCD持って車に乗ろう。

なんて事ありませんか?ありますよね。あるんです(笑)
現在正規輸入されているFIAT車で唯一CDプレイヤーを装着車する『Panda』そんなちょっとしたアナログ感が微笑ましい。

Car Play/Android Autoが使用できるU-Connectシステムが利便性において優れている事に異論はありませんが、まさかレインボーに輝く"コンパクトディスク"に情緒を感じる日がやって来るとは思ってもいませんでした。
アナログ感といえば、外装もまた然り。

ボディ全体を占める無塗装パーツの割合で言ったら、他メーカー見渡してもおそらくライバルは一車種のみ。いっその事Pandaにも無塗装バンパーのバージョンも用意すれば、こちらの方がサイドモールが太い分圧勝となるハズ。と、そんな事で張り合ってもシャーないのですが(笑)
もう一言だけ言わせてもらえるなら、これでもう一回りかふた回り大きい『ジャイアントパンダ』的なバージョンもあれば、そのライバルの牙城を・・・なんて物騒な話は、ここではいただけませんね(笑)
そう言えば、ごく最近導入されております車両からサイドブレーキレバーの形状が従来の「マウス型」から一般的なバータイプへと改められております。

「力まずに操作できるマウス型」

じゃなかったのか?これからは力んで行こうぜ!と言う事なのか?それとも、やっぱりマウス型でも力まずにはいられませんでした!なのか?(笑)どっちでもいいけど、最近ではここにインフォテインメント系の操作コマンドが備わる車も多い為、初めて乗っても迷わずサイドブレーキだと認識出来るようになった事は喜ばしいことでは無いかと思います。とは言っても普通に戻っただけの話なんですが(笑)
 
   
2019/01/11  ショールームダイアリー 
New デモカー。
 
ガッツリ僕の影が映りました。髪の毛ボサボサですね〜(笑)

以前はFIAT 500Cで選べるソフトトップカラーと言えば標準のブラックに加えてオプションのアイボリー・レッドの計3色でしたが、いつの頃からかブラックが無くなり現在では標準がアイボリー。加えてオプションのレッドと2色のみとなっております。
以前は+54,000円だったオプションのベージュトップが標準だなんて、事実上の値下げじゃん。

太っ腹〜(笑)

しかし、代わりと言ってはナンですが以前は500Cのみオプションカラー代金が掛からなかったパソドブレレッドが、他の500同様+54,000円のオプションカラーになりました・・・

だがしかし!


以前であれば無償のパソドブレレッドを選んだとて、ベージュトップにするには+54,000円掛かってたワケですから、パソドブレレッド×ベージュトップなら値段据え置きという事になります。

じゃあ、パソドブレレッドでブラックトップがよかった人は?
とか言う、意地悪な質問はしないようにー(笑)

さて、以前には限定車として採用された事もあるボサノヴァホワイト×ベージュトップの組み合わせ。ホワイトにレッドトップやレッドにベージュトップなど"いかにも"オープンカーらしいコントラスト強めの組み合わせももちろん良いですが、これぐらいのさり気なさと言うか、全体に淡い雰囲気も優雅でなかなか"オツ"ですね。
この仕様に、写真の純正アクセサリーで用意されているホイール履きたいな・・・
 
2020年01月(0件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
スタッフ
水野
前川 美香
ページ上部に戻る